映画おすすめ予告編

映画予告編のオススメ情報[洋画]を紹介しています

ニコールキッドマン・ジュリアロバーツ出演『Secret in their eyes』映画予告

アカデミー外国語賞受賞作『瞳の奥の秘密』リメイクにニコールキッドマン・ジュリアロバーツ出演

2009年のアルゼンチン映画で第82回アカデミー賞外国語映画賞を獲得した刑事サスペンスの傑作『瞳の奥の秘密』
映画も鑑賞しましたし、DVDも観ました!
ラストの展開はデヴィッド・フィンチャーの『セブン』以上の衝撃で言葉を失いました。
『瞳の奥の秘密』はほんとよくできた映画です。

瞳の奥の秘密 [DVD]

瞳の奥の秘密 [DVD]

2009年の『瞳の奥の秘密』は未解決事件の裏にとんでもない事実が隠されていたという本当によくできた脚本だったが、今回はどこがリメイクなのかわからないぐらいオリジナルな作品となっている。

主演は『それでも夜は明ける』のキウェテル・イジョフォー。
さらに準主演にジュリア・ロバーツとニコール・キッドマンと超大物女優が出ており、往年の映画ファンには歓喜もの!!

やつれた(役柄で娘が殺された)ジュリアロバーツの影響もあって、ニコール・キッドマンの美しさが際立ってますね。
ダークトーンの映画に、そこだけピンスポットを当てたように彼女が輝いてみえますね。

予告編では我を忘れたように事件を追うジュリアロバーツの姿が印象的。
当ブログ「最新映画情報ランキング」で度々言っている、「強い女性イメージの映画が最近多い」の一本といえそうです。

『ハウスオブカード』のダグ役マイケル・ケリーも出ているので是非みたい作品。
キウェテル・イジョフォーとマイケル・ケリーはどこか弱い男の印象が強くあり、反対にジュリア・ロバーツやニコール・キッドマンは強いイメージがあり、このコントラストも当作品の見どころといえますね。

猟犬(ジュリア・ロバーツ)を先に放ち、猟師(キウェテル・イジョフォー)が後を追うような感じになるのかな?

脚本監督はビリー・レイ。『消されたヘッドライン』『キャプテンフィリップス』の脚本の人で期待大!!

消されたヘッドライン [Blu-ray]

消されたヘッドライン [Blu-ray]

キャプテン・フィリップス [Blu-ray]

キャプテン・フィリップス [Blu-ray]

原作『瞳の奥の秘密』のラストの衝撃がリメイクでも形を変えて用意されているのでしょう、これは超見たい!!
米で今秋公開!!